住宅コラム

間仕切り扉の種類と特徴と選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の間取りの傾向のひとつは、

空間を細かく区切らない開放的なプランです。


LDK
をひとつの空間としたり、

リビングの一角に書斎や

子供のスペースを設けたりと様々です。


しかし、生活のシーンによっては、

ある程度仕切って使いたい、

将来的には個室のように分割したい、

というケースも多くみられます。


間取りプランにもよりますが、

室内建具のひとつである

間仕切り扉(可動間仕切り)を

上手に取り入れることで、

空間をフレキシブルに使用することが可能です。

 

建材メーカーの商品バリエーションも豊富に


従来の日本家屋では、襖が間仕切りの代表例です。


和室と洋室をつなぐ場合などに用いる、

戸襖などもお馴染みですが、

最近では、洋室にも適する、

さまざまなタイプの間仕切り扉が、

建材メーカー商品にも、

豊富にラインナップされています。

商品にもよりますが、

扉の高さもいくつかの種類が用意されており、

天井までのサイズを取り入れれば、

開放時により広がりが生まれます。


また、敷居や下レールがない

上吊タイプを取り入れることで、

すっきりとした床面となり、

空間的なつながりを確保することも可能です。


間仕切り扉の種類と特徴


主な開閉スタイル


間仕切り扉は、建材メーカーによって、

可動間仕切りや間仕切り開閉壁 、

間仕切りスクリーン、間仕切りウォールなど、

さまざまな名称で呼ばれています。


いずれも、主な開閉スタイルは、

引き戸タイプもしくは、折れ戸タイプです。


引き戸タイプは、

室内扉としても用いるケースもみられます。

 

・引き戸タイプ

片引きや引き違い戸、引き分け戸などがあり、

コーナーに用いる(L字型に部屋を間仕切る)

ことができるタイプもあります。


複数枚の引き戸が連なって開閉する

引き戸連動タイプ、

開けた扉が壁の中に収納される

引き込み戸タイプ、

扉を壁面側にまとめフルオープンになる

スタイルもあります。


・折れ戸タイプ


複数枚の扉を折り畳むことで開閉するタイプです。


扉を折って端に寄せ、

フルオープンとすることも可能です。


主な素材


・木質系だけでなくアルミ枠も


扉そのものの素材は、通常の室内建具と同様で、

ナチュラルな木目の樹脂シート仕上げや

突き板仕上げなどの木質系が多く揃っています。


また、アルミ枠などを用いたタイプもあります。


アルミ枠と木質素材を

組み合わせたタイプもみられます。

 

・ガラスや樹脂素材などを用いたデザイン


木質やアルミ素材の枠の面材に、

ガラスや樹脂などを用いたデザインも

ラインナップされています。


用いられるガラスや樹脂は、

透明なタイプだけでなく、

半透明やアンティーク風のタイプなどもあります。


光を通すだけでなく、

家族の気配を感じられるような、

緩やかに仕切るタイプも増えてきました。


限られたスペースの中、空間を仕切りながらも、

広がりや連続性を持たせることができる

デザインが注目されているようです。


間仕切り扉の選び方のポイント


ポイント

室内扉や収納扉、床材などと同時に検討


間仕切り扉は閉めた時に、

壁のように見えることが多い建材なので、

インテリアにも大きな影響を及ぼします。


プランニングの基本は、

他の室内扉や収納扉などの建具、フローリ ング

などとのコーディネートに配慮することです。


メーカーの室内建具や建材は、

デザインやイメージごとに

シリーズ化されているケースが多いので、

それらから選ぶようにすれば

バランスが崩れることもないでしょう。

 

ポイント

目的に合わせたデザイン、スタイルを選ぶ


どのようなシーンで、

どのような仕切り方をしたいのかによって、

選ぶデザインやスタイルも変わってきます。


たとえば、幼いお子さんがいる場合に、

リビングとダイニングキッチンに

間仕切りを設けるのであれば、

ある程度、様子が分かるような

デザインとしたいものです。


お客様が多いのであれば、壁のように見える、

しっかりと仕切れるタイプがいいかもしれません。


また、寝室と書斎の間には、

気配を感じるタイプがいいかもしれませんし、

ワンルームの子供室を兄弟などの個室として

仕切るのであれば、

光が漏れないようなタイプなどが向いているでしょう。

 

ポイント

開閉のしやすさをチェックしたい


機能面では、開閉のしやすさ、

引手や取手(ハンドル)部分の形状が

使いやすいかどうかなどの確認をしましょう。


通し引手など框部分を利用したもの、

ボタン式で使わない時は扉面に

収まるようなタイプもみられます。


間仕切りの大きさや重量によって、

使い勝手も変わってきますが、

デザイン的にはあまり目立たないものがおすすめです。


また、引き戸タイプであれば、

開閉時に扉の跳ね返りを防いで

ゆっくり確実に引き込む機能のあるものも

いいでしょう。


ポイント  安全性にも配慮して


床面のレール形状や段差、

開放時や閉めた場合の扉の

固定方法(ストッパー)なども

確認しておきたいポイントのひとつです。


また、幼いお子さんがいる場合には、

指を挟みにくいような配慮があるかなど、

安全面も配慮しておくことも大切です。

 

ポイント

ショールームで確認を、素材感や操作方法をチェック


間仕切り扉は、

「いろいろなシーンに合わせて

空間を使うことができる」という声と、

「あまり開閉することもなく、結局、開けっ放し」

という、成功失敗の両方の声が聞かれる

アイテムのひとつです。


せっかく取り入れるのであれば、

有効利用ができるように、間取りはもちろん、

ライフスタイルや家族構成、

将来の変化などをイメージした上で、

プランニングをすることが大切です。


また、一般的に、間仕切り扉を設けても、

壁で仕切られた個室に比べると、

防音性を確保するのは難しくなります。


密閉の度合いなどは

商品によって異なりますので、気になる場合は、

ショールームで実際に確認するようにしましょう。


他の室内建材と一緒に、

素材やデザイン、開閉時の使い勝手など、

実際に動かし確認することがポイントです。

 

それでは、また!

トップページ見学会・相談会予約 closw

About
Works
Company
Whats new