社長ブログ

3Kじゃなく5高です

このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅内での死亡率の最も多い時期は冬です、次は夏です。

「当たり前だろって」声が聞こえてきそうですが

年間平均死亡率と冬季の死亡率の差は徳島県は四国4県で

最も少なく約12%強となっています。2014年例

愛媛県22%以上、香川県21%、高知県19%

 

原因は断熱性能が低い家で、寒さや暑さ我慢することです。

ドイツの基準と比べると政府誘導の省エネ等級4は

とてつもなく悪い性能ですがそれすらクリアできていない

住宅が新築の大半を占めています。

 

光熱費が高く、健康リスクも高く、ランニングコストも高く

熱損失も高く、医療費も高い、多くの方がそんな家に住んで

我慢しながら生活しています。

結果、老後の貯蓄が出来ていない原因となっているのです。

3Kならぬ5高(悪い意味)なのです。

 

性能を上げる初期投資をしないで我慢をしても15年程度で

初期費用の差額をランニングコストが追い越してしまいます。

我慢しないで健康快適に暮らし老後の安心も手に入れる

そんな旨い話が現実にあります。

 

トップページ見学会・相談会予約 closw

About
Works
Company
Whats new