スタッフブログ

住宅ローンの金利水準について

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

総務企画課の佐藤愛です。

 

住宅購入を検討されている方は常に気にされている

住宅ローンの金利水準について今回はお話します。

 

今月の住宅ローン金利の動向はと言いますと、多くの金融機関が中期・長期固定金利を引き挙げる一方で、

一部の銀行が住宅ローンを引き下げています。

これから先現状維持で低金利なのか、底とも言われているため徐々に上がっていくのか不透明ですね。

米国の金利引き上げが落ち着くと、日本の金利の方も落ちつくのかな、と思います。

現在購入を検討している物件があるという方はもちろん、住宅ローンを借り換えのタイミングを見極めているという方にとって、

金利が落ち着いている今は検討する価値があるます。住宅ローン金利が最低水準にある、この機会を見逃さないようにしたいですね。

 

その際は必ず銀行さんに勧められる金融商品の補償内容や金利、特に金利の見直しが何年ごとに行われるのかを

確認した上でご契約してください。

金利が底だと言われている状態で3年固定や5年固定という低金利の期間が短い商品を選んでしまうと

後々高い金利で返済しなくてはいけなくなります。

目の前の金利の低さだけに飛びつかず、しっかりと自分たちに合った商品を見つけてください。

 

 

 

トップページ見学会・相談会予約 closw

About
Works
Company
Whats new