スタッフブログ

地盤補強について考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

総務企画課の佐藤愛です。

 

本日は先月の日経ホームビルダーに記載してありました

地盤についてのお話です。

 

東北の大震災の際にも、津波の被害にあっていなくても

盛土や切土に行った擁壁が崩れ、地震自体に耐えられても

地盤が傾いてしまい

住めなくなってしまったお家がたくさんありました。

 

今回の記事でも似たような事例(今回は地盤沈下)で

北海道の厚真町が例にあげられていました。

 

こちらの土地では東部地震を受けて地盤補強を行った

町が推進する開発地であったにも関わらず

盛土が液状化し、お家が傾いたりひびが入るという

被害がたくさん見受けられたようです。

 

地盤自体が強くても東北の震災のように

擁壁がきちんと施工されていなかったり

また、今回の北海道の事例のようにボーリング調査にて

地盤の確認が取られていたとしても地盤変化は日々

あるものだと考え土地探しを進める必要があります。

 

津波の被害から逃れようとすると

必然的に内陸部かもしくは山間部を探すこととなるかと思いますが

正しい情報の下に土地探しを行いましょう。

 

トップページ見学会・相談会予約 closw

About
Works
Company
Whats new